エピレタデメリット|エピレタを使って感じるたった一つのデメリット

家庭用脱毛器エピレタ。

私はエピレタを購入して2年経過していますが、ムダ毛を処理をしていませんし、たま~に産毛が生えてきますが、全く気にならない程度です。

 

 

 

私も愛用中の、もうすぐ使用して1年生です。脱毛器エピレタのおかげで自己処理0の私ですが、
使用していて思うデメリットを今回はいくつか紹介しようと思います。

 

エピレタ使用時に感じるデメリット

エピレタを使ってて、っちゃけ私エピレタでデメリットに感じる個所はありません。
私だけなのかな~なんて思いますが、きっと使っててそこまでデメリットに思う所ってないんですよね・・・・。

 

 

無理やりですが、ちょっと私がエピレタを使っててデメリットなのかな~と思う所を書いていこうと思います。

 

 

脱毛器 エピレタは指には照射されない。

脱毛器エピレタep-0115は指の毛脱毛はできないんです
なぜならエピレタは安心センサーが内蔵されているので、肌にピタっと密着しないと照射がされない仕組みなんです。

 

 
目を守るタッチセンサー機能が邪魔して照射されないんですが、これはエピレタユーザーの安全を事を考えての事なので、私的には親切だと思うんですがね。

 

しかし、エピレタで指の脱毛もしたい方は残念かもしれない所ですね。

 

脱毛器 エピレタは、日焼け肌には照射されません。

こちらも、脱毛器 エピレタep-0115の前に、他の家庭用脱毛器も共通する事ですが、アイリスオーヤマの脱毛器 エピレタは日焼け肌には照射されません。

 

 

 

 

日焼けをしている箇所にエピレタを使用した場合

もし、軽く日焼けしている箇所が照射された場合脱毛の効果が落ちるんです
これは脱毛器 エピレタが光を利用している事が関係してきます。

 

本来であれば、毛穴から覗いた毛根の黒に反応させて光を集中させて脱毛をするんです。
しかし、日焼けをする事によって肌に黒色範囲が増えてしまって光が拡散するんです。

 

脱毛に使用する光の量は変わらないのですが、結論として光が分散して、本来毛穴に当てる光が黒色の日焼けした肌にも光が拡散してしまって脱毛効果が弱くなるわけです。

 

脱毛効果を高める為、脱毛器エピレタは日焼け肌には照射できない設計となっています。

 

さらには日焼けしている肌に照射してしまった場合

  • 肌が乾燥し脱毛中の痛みが発生しやすい
  • シミ・そばかすの原因になる

という事がありますので、少しでも日焼けしたなと思った場合は最低でも3ヶ月脱毛器 エピレタの使用をさけなければなりません。

 

肌がボロボロになってしまいますからね。

 

 

現在脱毛器 エピレタep-0115を使用している人でも今の時期(夏)は紫外線が半端ないので
日焼け止めを塗ったり、今の時代飲む日焼け止めも発売されているので要チェックしてみると
いいでしょう。

 

 

脱毛器 エピレタを使用する際はほくろ シミには照射できない。

脱毛器 エピレタep-0115は、ほくろやシミなどには照射されない設計になっています。
これも安心センサーが作動している事が原因なんですが、しっかり肌に密着されている部分で照射されない箇所があったらシミやほくろが邪魔しているせいで照射されていないという事です。

 

 

こういった場合は絆創膏(サビオ)をほくろやシミの大きさに切って保護をして照射すると
きちんとセンサーが肌色だなと認識して照射されるようになります。
(正直めんどくさいんですけどね(´д`ι)w)

 

 

 

脱毛器エピレタは剛毛には根気よく照射する必要がある。

デリケートゾーンの脱毛は正直根気がいるんですよね。
サロン脱毛でも、同じ事が言えます。脱毛界でデリケートゾーンの毛はラスボス的存在でかなり手ごわいですから!!

 

 

 

私はもともと剛毛で・・パンツからはみ出るくらいの半端ない量の自慢のアンダーヘアーだったんですが、根気よく照射をし続けて、思い通りの綺麗なトライアングルになったので満足していますがね。
正直、パンツからはみ出る毛が嫌で少なくしたいと全部剃って脱毛器エピレタで照射していますが、全部剃って照射していた事が良かったのか。綺麗に脱毛が完了しました。

 

 

旦那にも見てもらうと「おおぉ!!少なくなってきた!あんなに剛毛だったのにな!」なんて言っているので少なくなってきているのは確実なんです。
見せたいけれど、場所が場所なだけにお見せできない事をお許しください。

 

 

 

 

 

結局エピレタってデメリットっていうデメリットないんじゃないの?

私が思うデメリットをまとめてみましたが、これといって目立ったデメリットもなく、照射されない箇所とかは脱毛器エピレタが、使用者の事を考えた安全に使用する為の安心設計という事ですね。

 

 

細かい箇所(指とか、ひざあたり)は肌にピタット密着しないので照射がうまくされませんが
家で出来る手軽さと脱毛サロンで脱毛すると30万円前後かかるという事を考えると許せる範囲だと思うんです。むしろお値段以上の脱毛器だと思います

 

 

 

家庭用脱毛器は全てにおいて永久脱毛とは違います。
永久脱毛できるのは医療機関のみです。

 

 

こう考えると、安くて効果がある脱毛器が欲しいと思うが普通ですよね。

 

 

 

高くて有名所な家庭用脱毛器といえばケノンですが7万円近くします。ケノンは美顔器がついているので少々お高いですが、エピレタは公式サイトが最安値で15,964円(送料込/税込)です。そして安心2年保証付きなんです。そして販売元はあの有名大手のアイリスオーヤマ。色々サポートは手厚くて安心です。

 

 

 

私はエピレタを使う前は、本当毛ぶかくて、カミソリで処理した後なんて、じょりじょりしてて旦那に気持ち悪いなんて言われていました。
でもエピレタを買って使いこんで、ムダ毛処理からも解放されましたし、ジョリジョリ地獄から卒業できました。

 

 

1番感動したのは脇で、脇なんて処理しても黒いプツプツだらけで、処理しても汚い脇だったんですよね。しかし、エピレタで脱毛を完了したら、すっかり肌のキメが整ってプツプツしていた脇の毛穴も、毛穴すら目だなたくなって本当見せられる脇に進化しました

 

 

エピレタを使う前なんて、友人が夏脇を出している所を見て、綺麗な脇だな~なんて友人の脇に目がいっていました。てゆうか、他の人の脇に目がいきません?Tシャツからちらっと見える脇見ちゃいません??それって、自分の脇にコンプレックスがあるからなんだって。

 

 

わかる気がします。私すごい見てましたから笑
でも今は自分の脇はすっかり綺麗なので他の人の脇は気にならなくなりましたけどね!

 

 

脱毛をこれからする、家庭用脱毛器を欲しい、エピレタにい興味があるという事であれば、エピレタは要チェックですよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加